和裁屋修行日記

地味な和裁士による和裁ネタ中心の愚痴日記

8寸名古屋 夏帯

お仕事で夏帯をかがりました。夏帯ってスカスカしてて、玉結びが抜けそうでちょっとこわいですな……。名古屋帯と一言にいいましても、仕立て方は種類がございます。総かがりするのか、お太鼓のところは2枚ずれるようにしておくのかなど、最初に仕様を確認しておくと作業がスムーズにいくと思います。今回はかがるところ自体は少しだったのですが、恒例の、(私) 「み、ミミがつってる……!(つД`)」夏帯は横糸がすごく分かるのでが...

2017
23

和裁教室は通常営業

事務職で再就職したはずなのに、営業やれとかいわれ、なんかいろいろハローワークの求人票と内容違うしもう世の中なんて信用なりませんね。週末の和裁がすっかり心のオアシスだけど、土曜日出勤しろとかいうのもホント話ちがうんだよ……。ストレスで普段できたことのない口内炎が舌裏にできましたよ。ハハハハ。はぁ。というわけで、5月からは土曜日の和裁教室減るかもしれない……orzすっかりゴミ箱が主役のような写真になっており...

2017
22

鍛冶屋帰りのハサミがちょー切れる

たまに生徒ちゃんなどに貸したりすることもある我が裁ちばさみ先生。生徒ちゃん 「先生、このハサミひっかかります」研ぎに出そう、出そうと思って早1年半(置きすぎ)あのときの言葉は地味に心をえぐりました。どの職人さんでも当然のことなんですが、お道具は大事です。筆を選ばずだなんでナイナイ。私はあまり腕が良くないので、できることならいいお道具で底上げして欲しいくらいです。身近に『ハサミを研ぎに出したら使い物...

2017
01

仕上げ作業 危険物除去

だいたいにしてそうなんですけど、根拠のない自信にみなぎっていることが多いです。絶対針なんか入ってないし~(´з`)y-~ て言葉にはしませんが、わりと思っています。めさめさ忙しくてですね、作業途中で立ったり座ったりとかしてたり、やたらとマチ針がするする抜けちゃったり、衿付けしてて自分で抜く前にマチ針を何本か落としちゃったりした場合はその限りじゃありませんよ?けっこう、縫ってると「あ、今回やばいかも?」っ...

2017
28

長襦袢の種類について

まるで小紋のような素敵な柄ですが、長襦袢でござる。うん、まぁ、あれだ、前もぼやいたけど、長襦袢て特になんもネタがないんだよなー。なのでたびたび違和感を感じる長襦袢の呼び方というか種類について。よその着物系記事などを拝読していて???なことが結構多く、なんだかコレが正しいのかどうなのか分からなくなってきてしまってるんですが。↑脇縫いの縫い代の始末をするのに、表地がつってないか一旦垂らして確かめてます...

2017
25

作業をするには音が必要なんです。

さて、写真だけアップして埋もれてたお教室風景をお送りします。最近写真すらとってないわ。あかんあかん。これは多分、身頃の袖付けのところを折っているところ。斜めにアイロンしているので、伸ばさないよう慎重にかけてます。さて、これはなんぞやってなもんですが。だいたい和裁所ってラジオかなんかかかってると思うんですが……あ、だいたいとか言われても、っていう声が聞こえ(;´ρ`)私のイメージですが(笑)お教室部屋は、も...

2017
24

ありがちなこと 芝を生やす

ここしばらく、毎週末お教室なのに一向にブログを更新してないでござる(´・ω・`)さて、当教室のヘラ台のうち、元から布が張ってあるものが「硬くてマチ針がささらぬ!」ということなので、紙張りのヘラ台に布を張ったものを生徒ちゃんにお使い頂いております。その結果何が起こり得るのか。賢明な諸氏ならばおわかりだろう。芝が生えますwこれねー、ホント糸印するとよくやるんだよねー。私も糸印するとやるよー(笑)写真逆光で暗...

2017
23

これぞ洗い晒し~ なんつって。

手持ちの晒が切れてしまいました。生徒ちゃんに運針用ね!とあげてしまうので、以外と減りが早かった(笑)しかし、在庫がなくなったのは、最近お金を出して買った新鮮(?)な晒であって、晒自体は実はいっぱいあったりします。なんか、遺品整理とかで、巡りめぐって晒を頂くことがありまして(使いみちがないため処分に困ったものと思われ)……年代ものがいくつか。30年くらい余裕じゃないかと思っております。もう袋の上からみてもシ...

2017
06